Archive for October 2009

25 October

Peaceでいこう!

ボディフィット選手、浅田ふぢ子選手のブログです。
マイリンクに今日から入れました。
Peaceでいこう!というブログです。
ボディフィットについては不勉強もいい所で、順位の基準が分かっておらず(ボディビルも分かってるのか?と言われそうですけど)、レポートした事も無いのですが、浅田選手は北区オープンのゲストだったという事もあり、浅田選手の事を検索していたらブログが出てきたのでお気に入り登録したら、相互リンクしていただけたという経緯です。
浅田選手も見て頂けていたとの事で、とても恐縮しています。

ボディフィット競技は、楽な競技では無いはずですが、女性が憧れる美しさの一つの基準だとも思えます。
ボディフィットの選手が発信する情報は参考になる事も多いと思いますので、是非ご覧下さい。
今日のブログを見ると、我がサイトの宣伝みたいになっちゃってますけど。
(ヒロ)
21:56:45 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

18 October

下田雅人選手の躍進

女子の西本選手の話題を出しましたが、今回は男子で。
今回のクローズアップは下田雅人選手。

今年遂に表彰台に上がりました。
一昨年の活躍からして、昨年の日本選手権では悪くても3位かと思っていたのですが、順位は上がらず、5位でした。
西本選手同様、レポートを始めた年にインパクトのあったビルダーが下田雅人選手でした。
2004年に初めて日本選手権のファイナルに残り、その年を盛り上げてくれました。
直前の東京選手権では大本命と言われながら2位(優勝は須山翔太郎選手)、そのまま日本選手権は厳しいのではないかという予想をしていましたが、結果はファイナル。
その時の感動は忘れません。
ボディビルという競技でも心に訴えるものはあり、感動出来るのだと思いました。
並外れたパワーとサイズを持ち、存在感を見せ続ける下田選手。
いつか日本選手権の頂点に立つ日が来ると思っています。
今年は念願の世界選手権出場。
まだまだ強くなる下田選手に期待したいと思います。
観る人の心を動かせるボディビルダー、下田雅人選手。
日本のボディビルを、もっと盛り上がるように、ステージの上でその存在を存分にアピールし続けて頂きたいです。

(ヒロ)
20:49:55 | bb-dot-jp | 2 comments | TrackBacks

17 October

最後の日本選手権

日本選手権のレポートをアップしました。
観戦出来なかった方、観戦したけどまたあの会場を思い出したい方、どうぞご覧下さい。

レポートでも触れましたが、女子のチャンピオン、西本朱希選手が自信のブログで、今年が最後の日本選手権と宣言されました。
意志の強い選手だと思っていますので、事実でしょうし、これが変わる事は無いでしょう。
当サイト(BODYBUILDING.JP)は2003年に日本選手権の画像とちょっとしたコメントを入れるサイトとして立ち上げましたが、レポートの体裁を作るようになったのは2004年から。
その2004年、大阪で開催された日本選手権で、西本選手を初めて見ました。
出てきた瞬間に優勝が決まったと思うほど圧倒的な強さでした。
西本選手を生で初めて見たときは衝撃的とも言えました。
ここまで完成度の高い体を作り上げる事が出来る事が驚異的でした。
そしてその初めて見た時から、一度も負ける事無く、今年の日本選手権まで出場し続けてきました。
女子のボディビルは男子以上に認知度が低く、チャンピオンと言えども、苦しい思いはあった事でしょう。
圧倒的であればあるほど苦しみもあったのではないでしょうか。
男子では日本選手権だけに的を絞って出場する選手も多い中、日本クラス別にも出場し続けました。
圧倒的に強くても国際大会に出場出来ない年もあり、それでも出場し続ける精神面の強さ、これは観る側には計り知れないものがあるでしょう。
田代選手、合戸選手、谷野選手、偉大なチャンピオンの戦いをレポートしてきましたが、サイト立ち上げ時から無敗なのは西本選手だけでした。
その西本選手の最後の日本選手権をレポート出来た事を嬉しく思います。
今年は世界選手権にも出場、いい一年になったのではないでしょうか。
今後、どのような活躍をするのかは分かりませんが、今まで、ここまで強い女子選手がいるという事をレポートさせてもらえた事に感謝致します。
これからも素晴らしいチャンピオン達を取り上げていく事になりますが、西本選手は我がサイトにとってとてつもなく大きな存在です。

西本選手はブログで、アマチュア競技者であるボディビルダーに引退という言葉はないと言われていますので、私も引退という言葉は使いません。
しかし、日本選手権での活躍を見る事が出来なくなるのは寂しさを感じます。

多くのボディビルファンの心に残り、そして日本のボディビル界に多大な記録を残した西本選手を讃えたいと思います。
(ヒロ)
16:10:49 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

12 October

日本選手権レポート作成中です

管理人「ヒロ」です。
日本選手権が終了しました。
レポートをアップする作業が残っています。
トップページは既にアップしましたが、レポートは少々時間がかかるので、情報を少し出していきます。

まずは男子。

やはり強かった合戸選手。
須江選手が弱点と言われる脚を改善させて、存在感を出してきました。
ファーストコールは、下田・合戸・須江・木澤・鈴木

この5名、中央に須江選手。
ファーストコールはかなり拮抗して見えましたが、後半に行くに従って合戸選手の持ち味が出てきたように思えました。
やはりサイズと仕上りを両立させている合戸選手の完成度は高かった。

下田選手も素晴らしかった。
持ち前のサイズに脚の仕上りも加わり、遂に表彰台に上がりました。
一昨年の大活躍も印象的でしたが、今年は密度感も出てきたように見えます。
また、鈴木選手や須山選手も存在感が出てきており、今後の活躍が期待出来ます。
上位陣は少しずつ変動が出てきており、この流れを止める事が出来るか、ベテラン選手と次世代の選手とのこれからの戦いが楽しみです。

女子
こちらも西本選手は出てきた瞬間に他の選手を圧倒していた感があります。
ファーストコールは、相馬・今村・西本・足立

今村選手はパッと見ると仕上りで勝負する選手に見えますが、肩のサイズが出てきています。
ポージングはフリーも規定も上手く、安定しながらも毎年進歩する素晴らしさがあります。
そして優勝争いに食い込んで来た相馬選手、そのスケール感は西本選手ともバルクを争えるのではないかと思えるほどでした。
優勝争いにこそ入らなかったのですが、注目は清水選手

ジャパンオープンと東京選手権を制しており、今年最も活躍した選手の一人と言えるでしょう。
2005年の東京オープンの頃から見ていますが、年々進歩が見られる選手で、今年の躍進も頷けます。
来年以降が楽しみです。

このように、優勝こそ男女とも連覇となりましたが、優勝争いは激化していく可能性があり、上位争いや入賞争いは年々激化が進んでいます。
この熱い戦いは、やはり会場で直に観て頂ければ一番いいと思いますが、その熱気を少しでもサイトをご覧の方々にお届け出来ればと考えております。

最後のアップまでは1週間ぐらいかかると思いますが、どうぞ楽しみにしてお待ち下さい。
22:23:21 | bb-dot-jp | 2 comments | TrackBacks

日本選手権男子、合戸孝二揺るがず

男子の結果も出ました、速報です
1位 合戸 孝二
2位 須江 正尋
3位 下田 雅人
4位 鈴木 雅
5位 木澤 大祐
6位 谷野 義弘
7位 近藤 賢司
8位 須山 翔太郎
9位 相川 浩一
10位 今中 直博
11位 林 英二
12位 井上 浩
18:07:22 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks