Archive for October 2010

31 October

JPCTheCONTESTの結果

<ナショナルズ>
優勝 鈴木克彰
2位 堺部元行
3位 マジッド・アブドリ
<ミズフィギュア>
優勝 豊島香奈子
準ミズフィギュア 小野里美
準ミズフィギュア 浅丘珊子

<ストロングマン>
優勝 松原郷士
16:42:41 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

12 October

狭義のボディビルと広義のボディビル

当サイトはオープン当時からずっとボディビルコンテストを追い続けてきた。
ほとんどコンテストレポートのサイトとなっているのは事実であり、今後もコンテストやボディビルダーの姿はレポートし続けていく。
一方で広義のボディビルというのもある。
ボディビルという言葉を考えると、体を作り上げていく事になるので、競技を目指すのが最大の価値ではなくてもいいとも思える。
ボディビル競技を多くの人に理解してもらう為にも、また、体を動かす事自体に興味を持ってもらう為にも、広義のボディビルについても触れた方がいいと考えます。
まだ当サイトのスペックでは広義のボディビル〜狭義のボディビルと幅広く情報提供するのに不十分ではありますが、出来る限り多くの人に向けた情報も提供していきたいと考えています。
そうしたサイト作りの中から、今まではボディビルコンテストに興味を持てなかった人にも目を向けてもらえるように出来ればと考えています。
22:07:32 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

11 October

健康ブーム定着

本日は体育の日という事もあり、新聞には健康やスポーツに関わる記事も多い。
本日の朝日新聞の一面によると、シニア体力右肩上がりという記事がある。
文部科学省が公表した「体力・運動能力調査」の結果を受けての記事だ。
健康ブームで定期的に運動する60代以上が増えているのが要因とみているそうだ。

調査は2009年5月〜10月に実施された。
65歳以上の高齢者は調査を始めた1998年度以降、握力や脚力など大半の項目が右肩上がりになっている。
98年度と09年度を比べると腹筋回数は65〜69歳男性が11.97回→14.05回、女性は7.41回→8.13回。
70〜74歳男性は10.44回→12.12回、女性が5.99回→7.00回。
6分間の歩行距離も65〜69歳男性が588メートル→612メートル、女性は548メートル→572メートル。
70〜74歳男性は567メートル→581メートル、女性が519メートル→539メートルに伸びた。
バランスや柔軟性の数値も良くなっており、若い世代より体力アップ傾向が顕著となっている。

スポーツジムも増え、平日の昼間スポーツジムはリタイア世代の憩いの場にもなっているようで、ジムで出来た仲間と共に体を動かす事が楽しみになると長続きもする。
フィットネスクラブでは団塊の世代の入会も目立つという。
フィットネスクラブでは60歳以上を対象にした割引制度なども作り、フィットネス市場のターゲットがが高齢者にも向かってきている。
今の中高年は戦後育ちで、戦前より栄養や体格面で恵まれていることも体力データ向上の一員ではないかとの指摘もある。

フィットネスクラブやスポーツ施設は確かに増えてきている。
以前よりも割安な価格設定にもなってきており、手を出しやすくなってきてもいる。
せっかく出来たスポーツ施設を高齢者だけではなく若い世代や中年層も使ってみるといいだろう。
仕事を早く切り上げ、平日の夜や休日は体を動かす時間に当てるとメリハリもつき、日々の生活が充実、仕事の効率も上がり、より日常が楽しくなる。
(ヒロ。)
09:30:22 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

07 October

トップビルダーブログ情報(須山翔太郎選手)

これまで多くのコンテストレポートを作ってきた。
どのレポートも思い入れはあり、読む度に観戦した時の感覚が蘇ってくる。
そんな中でも強く印象に残るレポートがいくつかある。
その一つが2004年の東京選手権レポート。
まだサイトを始めたばかりで、カメラの使い方も分かっておらず、画像の色も精度も悪いものだが、作る側の印象としては大きい。
それは優勝した須山選手と2位の下田選手の存在が大きいからだろう。
大本命と言われていた下田選手が2位に終わり、当初話題に上がっていなかった須山選手の存在が、コンテストが始まると目立ち始めてきた。
会場がざわつき始め、大本命の有力選手が負けるかもしれないという雰囲気が漂ってきた。
パンフレットで出場選手リストを見ると、須山選手は若干23歳!!
若いが落ち着いて、淡々とポーズを取る姿が印象的だった。
会場中に波乱の予感が漂い、ポーズダウンが始まる、優勝が発表される前からレポートの見出しが頭に浮かんで来た。
「恐るべき」という言葉を入れよう、それだけを思いながら見ていた記憶がある。
その年、当サイトに来たメールの多くは「須山選手の写真を頂けませんか」だった。
その恐るべき若手ビルダーは今年、日本選手権5位に入った。
JBBFのトップビルダーでブログをやっている選手は少ないが、須山選手は親しみやすい文章で情報発信をしてくれている。
須山翔太郎オフィシャルブログ「NO JUICE」



「ブログのタイトル「No Juice」ですがJuiceはスラングでステロイドと言う意味があります。Noを付けて禁止薬物は一切使用していないと言う意味を持たせて付けました。」との事です

これからの活躍が期待される須山選手の情報を是非ご覧下さい!!
23:10:41 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

女子の画像

女子のレポートを作成中です。
仕事の都合でまだ少々時間が掛かりそうです。
しかし、少しでも女子のトップ選手の画像を見て頂きたいと思うので、ファーストコールだけアップします。


左から順に惠良・相馬・今村・清水・佐々木(敬称略)
女子もこのレベルになると迫力があります。


今村選手は密度感があります。


背中の質感は今村選手と清水選手が優れている


今村選手はきれいに見せる技術を持っている


絞るポーズでは清水選手の持ち味が出ている
23:08:46 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks