11 October

健康ブーム定着

本日は体育の日という事もあり、新聞には健康やスポーツに関わる記事も多い。
本日の朝日新聞の一面によると、シニア体力右肩上がりという記事がある。
文部科学省が公表した「体力・運動能力調査」の結果を受けての記事だ。
健康ブームで定期的に運動する60代以上が増えているのが要因とみているそうだ。

調査は2009年5月〜10月に実施された。
65歳以上の高齢者は調査を始めた1998年度以降、握力や脚力など大半の項目が右肩上がりになっている。
98年度と09年度を比べると腹筋回数は65〜69歳男性が11.97回→14.05回、女性は7.41回→8.13回。
70〜74歳男性は10.44回→12.12回、女性が5.99回→7.00回。
6分間の歩行距離も65〜69歳男性が588メートル→612メートル、女性は548メートル→572メートル。
70〜74歳男性は567メートル→581メートル、女性が519メートル→539メートルに伸びた。
バランスや柔軟性の数値も良くなっており、若い世代より体力アップ傾向が顕著となっている。

スポーツジムも増え、平日の昼間スポーツジムはリタイア世代の憩いの場にもなっているようで、ジムで出来た仲間と共に体を動かす事が楽しみになると長続きもする。
フィットネスクラブでは団塊の世代の入会も目立つという。
フィットネスクラブでは60歳以上を対象にした割引制度なども作り、フィットネス市場のターゲットがが高齢者にも向かってきている。
今の中高年は戦後育ちで、戦前より栄養や体格面で恵まれていることも体力データ向上の一員ではないかとの指摘もある。

フィットネスクラブやスポーツ施設は確かに増えてきている。
以前よりも割安な価格設定にもなってきており、手を出しやすくなってきてもいる。
せっかく出来たスポーツ施設を高齢者だけではなく若い世代や中年層も使ってみるといいだろう。
仕事を早く切り上げ、平日の夜や休日は体を動かす時間に当てるとメリハリもつき、日々の生活が充実、仕事の効率も上がり、より日常が楽しくなる。
(ヒロ。)
09:30:22 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

06 December

西本朱希さんのセミナーを受けました

昨日(12月5日)、東京・初台のミッドブレスにて、西本朱希選手のセミナーがありました。
(参加者は有志と一般の方、ミッドブレスの職員の方)
告知をしなかったので、参加者は8名と少人数でした。
トレーニング一般と背中のトレーニングについての講義を行い、終盤、栄養についても少し触れました。
西本さんのセミナーは分かりやすく、実技になると更に分かりやすい内容で行ってくれます。
効かせるのが難しい背中のトレーニング方法は男性トレーニーやビルダーにとっても参考になると思われます。
コンテスト出場は控えるという西本選手のコメントはありましたが、前人未到の6連覇という輝かしい記録を持ち、志の面では、他のどのビルダーよりも強く、真っ直ぐであると感じました。
そのようなビルダーの説得力あるセミナーを、実技を交えながら受ける事は誰にとっても貴重なものである事は間違いありません。
今後もパーソナルやセミナーは積極的に行うとの事ですので、是非西本選手のサイトをチェックする事をお薦めします。
西本朱希 パーソナル指導情報
また、ボディビルジムやフィットネスクラブ、その他のトレーニング施設の方々にも、一度西本選手のセミナーを開催される事をお勧めします。

セミナー後は、西本選手を交えての忘年会を開いて、西本選手の人柄にも触れる事ができました。
西本さんのブログでもセミナーと忘年会の話題を出してくれています
ビルダーとして、絶対的な強さを発揮していたのは、この人だからこそだと感じました。
当サイトでは、2004年から今の形でのレポートを始めましたが、その間、常に日本チャンピオンは西本朱希選手でした。
6連覇全てを我がサイトでレポート出来た事を誇りに思います。

サイトをご覧の方々も、セミナーやパーソナルで、西本選手の大きさ(筋肉の大きさだけではありませんよ)に触れて下さい。
(ヒロ。)
18:59:23 | bb-dot-jp | 1 comment | TrackBacks

28 March

加圧トレーニング体験!!

前から興味があったのですが、中々手が出せなかった加圧トレーニングをしてきました。
フィットネスクラブで加圧体験をしていたので妻と一緒にやってきました。
まずは一通りの説明を受け、腕と脚のサイズを測ってベルトを装着。
これが中々きつい!!
締めた時点で痛い。
「これって血管大丈夫なの?」と思うぐらいきつく締めます。
そして普段よりはるかに軽いダンベルでカール。
重さは感じないのですが途中からきつくなります。
やはり血管を締め付けられる感覚がかなりあります。
血管が開こうとしてるのに締められて血が通わないという感覚でしょうか。
最後まで重量は感じないのですがきつい。
カールの後はスクワット、脚はさらに締め付け感があります。
立っているだけでもきついんです。
それでスクワット、何も持たない担がない状態でスクワットをしたのなんて久しぶりなのですが何故かきつい。
重さは全く感じないのに稼動域が狭くなりそうな感覚になりました。
これで成長ホルモンの分泌が促されるんだという事ですが・・・本当なのかな?
あれだけの料金がかかるトレーニング方法なのでもっと試してみて、効果がありそうなら自分でも購入したいけど。
今日は妻は脚が辛そうでした、下り坂で脚が笑うと言ってました。
もっとお手軽に出来るならやりたいなあ。
16:47:43 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

28 February

やっと分かった

ウェイトトレーニングを始めて丸5年、未だ分からない事、知らない事がたくさんあります。
最近ようやく大胸筋上部への効かせ方が分かってきました。
そもそも「大胸筋上部」ってどの辺なんだ?と思っていたので、インクラインやると上部???ってな感じでした。
やっとインクラインとフラットでは効く場所が違う事が分かってきた。
普通のトレーニーやビルダーがそんなのを聞くと「5年も経って!?!?!?」と言われそうだが、やっと分かったのは事実。
効き始めると、多少は雑なフォームでやっても効くものですね。
やはりトップビルダーなんかは、効かせるべき筋肉をしっかり意識出来るのでしょう。
上級者への道程は遠いですねえ。
11:22:35 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks

10 October

シーズン終了

学生ビルダーや国際大会出場者を除けば、大方のビルダーはシーズン終了です。
これから増量期に入りますね。
私はレポートがひと段落、まだやる事は残っていますが、時間との戦いは終了。
トレーニングも再開しました。
私の様な一般トレーニーにとってはトレーニングは楽しいもの。
トップビルダーにとってはきつく、厳しいものだと思います。
やはりサボりたい気持ちになる時だってある人が多いと思ってます。
やはり誰にも負けないようにと思えば、誰もがやりたがらないような事もやるのでしょうからね。
などと考えながら私は普通にトレーニングを続けていきます。
使用重量伸ばさないとなあ。
10:46:19 | bb-dot-jp | No comments | TrackBacks